今この瞬間を大切に


英語に、”This too shall pass”(これもまた過ぎ去るもの。一時的なこと。)という言葉があります。一般的には辛い思いをしている人やトラブルに合っている人を励ますために、「これにもちゃんと終わりがくるよ!だから頑張って。」というニュアンスで使うことが多いフレーズですが、実はもっと幅の広いとても深い意味を持っている素敵な言葉だなと、最近ふと思う瞬間がありました。

辛いことも楽しいことも終わりがある

例えば、なんでもない日常。毎日がルーティンワークのようで味気ないと感じるとき。もっとワクワクできたらいいのに、とボンヤリしてしまうとき。もっとイキイキと毎日を過ごすことができたらいいのに、と不満が湧いてくるとき。現在の自分の状況に納得できないとき。

”This too shall pass”(これもまた過ぎ去るもの。一時的なこと。)そう呟いてみると、この瞬間も、今感じているこの感覚も思いも、人生という長い旅路においては一時的なことだと気付かされるのではないかと思います。

今まで自分がどんな道を歩いてきたのか。どうやって今日の自分にたどり着いたのか。その歴史に思いを馳せてみると分かることがあると思います。過去にはワクワクしていた自分がいたこともあったと思います。辛い思いを抱えながら毎日を生きていたこともあったことでしょう。何かを目指して黙々と進んでいた頃もあったでしょうし、トキメキや喜びを感じた瞬間や、悲しみでいっぱいになった経験もあると思います。この全ての経験が、自分という人物を作っています。

そして今この瞬間も、人生の経験の一部であるということに気が付けるのではないでしょうか。今のこの状況も、さまざまな思いを経験するためのツールであり、自分が「本当は何を求めているのか」を知るための材料となっていきます。

苦しいことに必ず終わりがくるように、楽しいことやそれ以外の経験にも全て終わりがやってきます。また時期が来たら新しい経験を積むことになり、自分の人生にとって意味のある人々に出会い、新しい場所へ出向き、新鮮な気持ちを感じる機会がやってきます。

でもそれも全ては、「自分が何を求めているのか」を知るプロセスをきちんと行ったから、はっきりと向かうべき道が見えてくるのだと思います。こころの中にモヤモヤが浮かぶ時、なにかストレスを感じる時、ボンヤリとしてしまうとき、不満がたくさん湧いてくるとき。これらは自分が何を求めているのかを知るキッカケです。この経験をどう利用して、どれくらいきちんと自分自身を見つめることができるのか。これが一番大切なメッセージなのではないかと思います。

これもまた過ぎ去るもの。一時的なもの。

この言葉は、「今をなんとか乗り切ろう!」という意味以外にも、「今この瞬間を大切に」という意味が込められているような気がしてなりません。人生は「いまこの瞬間」の積み重ねであり、未来の自分は今この瞬間の自分が作っているのだということ。そう思い出すことができたら、感謝の気持ちとともに、今この状況をクリエイティブに活用していくことができそうです。

#気づき #心と対話

2,581 views

    © 2020 by Hypnotic Life. All rights reserved.