ポジティブアファメーション


成功本や自己啓発などにもよく出てくるアファメーション。ポジティブなアファメーションは自分のセルフイメージを高めるための自己暗示としてとても効果的です。自分がなりたい自分をイメージングし、意識と潜在意識の両方に「自分が実際にそうなっている」姿を情報として送り込むことで、自分の意識がそれに向かってためらいなく歩き出すことを助けることができます。

最近の研究では、わたしたちの脳は「実際に起きたこと」と「想像上で起きたこと」に違いをつけないことが分かっています。例えば、嫌な夢を見て目覚めた朝、なんとなく気分が悪いまま1日を始めることってありますよね。夢で起きたことなのに、現実世界で起きたわけではないのに、わたしたちの気分は夢に左右されたりします。これは脳が夢を自分に起きた経験の一つなのだと判断しているから。

同じように、アファメーションを使ってイメージングすることで、それが実際に起きる状況を脳に信じ込ませることができます。そして、スピリチュアルな言葉でいう「宇宙」も、わたしたちのアファメーションの声を聞いたことで、それが実際に起きるために必要なきっかけを引き寄せたり、進むべき道を示してくれたりします。

「アファメーションとイメージングで素晴らしいことが引き寄せられるならこんな苦労しないし。」とか「やってみたけどはっきりと効果が分からない。」そんな声も聞こえてきそうですが、アファメーションを実現化するのに重要なのは、自分の望むものや状況が自分の中でアライメントされているか、ということです。つまり、自分が心の底からそれを望んでいて、実際にそれが起きる姿をはっきりと想像できるのかということ。

自分の望むもの・状況と自分の信念との間にブレが少なければ少ないほど現実化しやすいようです。なので、自分自身の望むものが何かをしっかりと知ることが大切。また、育った環境や育つ過程で傷ついてきた心やネガティブに歪んでしまった信念を整える作業をしておくと、もっと効果的にアファメーションが現実化するようです。これには心のケアとスピリチュアルなサポートが効果的だったりします。

そしてさらには「行動」していくこと。行動は夢や理想を現実化するのに欠かせません。せっかく宇宙がきっかけをくれたり道を示してくれても、わたしたちが行動を起こさなければそれを「体験」することはできません。なので、行動するべし。

つまりアファメーションとは、夢や理想のために行動を起こしたい。でもどうやって行動を起こせばいいかわからない。または夢や理想に向けて進むべき道が分からない。自信がない。そんな想いを抱えている人にとって、道を示してくれて行動を起こすための自信をくれるお役立ちツールなのだと思います。

もし自分が何を求めているのか分からないのであれば、「自分が求めているものが何かをはっきりと分かること」をアファメーションにしてみると、目指すべき道が開けてくるかもしれません。

アメリカでアファメーションといえば、出版社ヘイハウスの創始者ルイーズ・ヘイさんが浮かびます。ポジティブなアファメーションをするためのアファメーションブックなど数多く出版されていて、”Queen of Affirmation”(アファメーションの女王)なんて言われたりしてます。人生でさまざまな苦労をされた方ですが、「ポジティブ思考と心の健康の大切さ」を信じた人生を実践し、60代で出版社を立ち上げました。 もうすぐ90歳を迎えるルイーズさんですが、現在もお美しくてキラキラしていらっしゃるのは長年のインナーワークの賜物かなと思います。

彼女やヘイハウスにとってアファメーションとは「エネルギーを高く保ちポジティブにフォーカスするために、選び抜いた言葉を使って自分を高めていく方法」だそうです。

夢や理想を引き寄せるためには、自分の波動を高く保つことがとても重要。ネガティブな情報を運んでくるメディアを避けたり、意識して美しいものに触れたり、波動の高い人々と意識して時間を過ごすことや、無理しすぎない自分でいることなど、さまざまな方法で日常的に自分の内面をケアしていくとより効果的に楽しく進んでいくことができるようです⭐︎

#アファメーション

253 views

    © 2020 by Hypnotic Life. All rights reserved.