いらないものを手放すために


2017年はいよいよ水瓶座の時代が始まり、世の中のエネルギーが大きく変化していく年だと言われていきました。いろんな意味で「本当の自分は何を求めているのか?」を問われるようなチャレンジングな経験をしている人も多いのではないでしょうか。

そして今年の8月は特に、自分の中にあるシャドウ(影の部分、重たい部分)が表面化されてくる時期でもあるそうで、実際に重たいエネルギーや感情のアップダウンを経験している人たちが多いように感じます。

もし今、精神的に苦しい思いをしているのであれば、それは自分の中にあるもう必要ない考え方を手放すために起きていると思ってみてください。心の大きなデトックスのために今この経験が起きていると思ってみてください。

「自分の人生を形作っていくのは、結局はその人の意識の持ち方であるー。」これは紛れもない事実で、これからの時代ますます常識になっていくことだと感じます。そして自分の意識の持ち方と、心のケアは密接に繋がっています。

自分の内側を見つめて、埃が溜まっていたらお掃除して、磨けるものは磨いて、いらないものは断捨離してシンプルにして、と、心と意識を丁寧にケアいくことはとても大切です。

また、重たい作業以外にも、楽しいことや自分がワクワクすることに時間とエネルギーを使うことも重要です。一見ムダに思えるようなことにこそ、心を活性化させるヒントが眠っていたりします。先が見えないムダに思えるようなことでも、ワクワクのタネを植えてじっくりと育てていく目的で、焦らずに取り組んでみてください。

人は生きていると、それだけで心が疲れて来ます。それはまるで、特に何もしなくても時間が経つと部屋に自然と埃が溜まってくるのと同じで、私たち人間も、何もしていないように思えても、ただ生きているだけで心に疲れが溜まってくるものなのです。

身体の疲れは栄養をとったり睡眠や休息で回復させることができますが、心の疲れは身体の疲れを癒すのとは違った方法で癒す必要があります。

もし今心が疲れているのを感じていたら、そして手放すべきものがあると気がついたら、自分の心に深く耳をすませてみてください。そして、今感じている苦しみは、いらないものを手放して、新しい自分になるために起きている必要なことなのだと、考えてみてください。

本当のあなたは、もっとキラキラ輝いています。そしてキラキラ輝く可能性はどこか外側にあるのではなく、自分の内側に眠っています。

ミケランジェロは彫刻を彫る時、何かを作り上げるのではなく、中に眠っているすでに出来上がった彫刻を見つけ出すために掘るのだ、と言っていたそうです。

私たちの中にも、すでに素晴らしい作品が内側に眠っています。余計なもの(制限をかける考え方)をそぎ落として、自分らしいものの見方や考え方を見つけだすことが自分の可能性を生きること。そう考えてみたらどうでしょう。

自分のシャドウ(影)を見つめて、余計なものを思い切って手放して、頑張って苦しい思い(心のデトックス)を終えたら、一皮向けた新しい自分に出会える可能性が待っています。重たさや苦しさにひきづられ続けず、自分が手放すべき考え方は何なのかに気づくいて認める。すると、心がさっぱりして新しい時代のエネルギーの波に乗ることができるようになっていくはずです。

この時期は特に、勇気を出して、自分を見つめる作業に取り組んでみて欲しいなと思います。

#気づき #インナーワーク #本当の自分

179 views

    © 2020 by Hypnotic Life. All rights reserved.