中間世セラピー Sさんのストーリー・パート2


前回の続きです。

ハミングバードに今世での頑張りを褒め称えられたSさん。そして、現在のご主人、そしてスピリチュアル仲間のMさんという方が同じ種類の魂だということが分かります。

次は川のような場所へとたどり着きます。その中に自分自身を浸すことで、これまでのカルマでできたエネルギーが癒されていきます。現在抱えている混乱も、一緒に洗い流されているとのこと。しばらくこの川の中での「お清め」が続きます。

そして次は大きな大きな炎の前へ。この炎はホームのエネルギーの中心とのこと。ホームの心臓の鼓動のような音が聞こえてくると言います。とても熱いそうで、Sさん、実際に手に熱さを感じています。ここでは、Sさんの魂はどんどんチャージングされていきます。もうすぐやってくる人生の次なる章の始まりに備えて、これまでのネガティブな思い込みを燃やして、エネルギーだけをチャージングしてくれているそうです。

すると、炎の中から大きな大きなフクロウが飛び出してきました。一瞬圧倒されるSさん。フクロウはSさんを乗せてどこかへと飛んでいきます。そして、炎から離れた場所にたどり着き、そこで対話が始まります。どうやらこのフクロウはSさんの賢者のエネルギーのようです。

Sさんの人生の目的は、自分の羽を大きく広げて、人々にマジック(魔法)を体験してもらうことだと話します。自分の羽を大きく広げてみせるフクロウ。SさんがSさんらしく(ホームにいるときのライラのように)魂本来の輝きを見せて活躍することで、家族や友人、クライアントなど関わる人たちが同時に人生の魔法を体験できるとのことです。

Sさんの魂は、何生かに渡って経験してきたテーマ、「自分をケアしながら他人に奉仕すること」の学びがクライマックスを迎えているとのこと。賢者からも、「よくやってきたね」と褒められます。

そこでハミングバードがもう一度やってきます。「ペースを少し落としなさいね」と言います。Sさんは駆け出すと猪突猛進してしまう傾向があるそうなのですが、ペースを落とすことでホームのエネルギーと繋がりやすくなり、直感が冴えて結局は仕事にも私生活にもいい影響が起きるので、走り過ぎるのは良くないとのこと。Sさんの魂、ライラのエネルギーはとても繊細なのだそうです。気をつけなければいけないとのことでした。

そのほかにも、自分の才能や身内に起きていることなど、いろいろなメッセージを受け取ったSさん(長くなるので省略します)。最後に、ここで体験したホームのイメージを覚えておくために、あとで絵にするとフクロウとハミングバードに約束しました。

Sさんは中間生セラピーを受けた時期に、ちょうどキャリアのさらなる発展の時期を迎えていました。父親の元で何年間か修行はしてきたものの、独立してまだ2年だこんなにチャンスを頂いてもいいのかしら?と不安になることもあったようです。事実、中間生セラピーを受けた約1週間後に、アメリカの名門大学からユースチーム向けのワークショップの依頼がありました。「まだまだ新米の私なんかがこんな大きな仕事を受けてもいいのかしら?」という迷いに打ち消し、ますます発展していく道を選び始めたSさん。

また、子宮の中で経験した辛さを再体験できたことはとても意味があったとのこと。脳科学を勉強しているSさんによると、胎児で体や脳が形成されている時期に、あれだけ強いネガティブな感情を受け取ったのなら、思考を形成する脳に影響がなかったわけがないとのこと。幼少時は自分に自信がなく、友達がなかなかできずに孤独な時期を過ごしたSさん。どこからともなくやってくる強い自己否定の気持ちから、鬱になった時期もあったとのこと。

でも大人になり、父親の元でスポーツ心理学の修行を始めた頃から、自分の思考回路を再形成(rewiring)するトレーニングを始め、思い込みや考え方は、それがどんなに幼い時に形成されたものでも変えていくことができるのだと実感しているSさん。今回、子宮の体験を思い出したことにより、自分が思っていた以上に若い段階で自己否定の気持ちが形成されていたことに気づいたのは驚きだったようです。そして、それでも現在の自分のように元気になり活躍することができ、また自分の経験を活かしてクライアントの役に立てることできていることを思えば、若い頃の辛さもすべては意味があったのだと感じたようです。

下記はセッションの後、Sさんが描いた油絵の一部です。計20枚という、大掛かりな作品になったとのこと。この体験・感覚を忘れないために、いくつかを選んで自宅に飾っているそうです。

ホーム

お清め

Sさんのセッションは、Sさんが若いにも関わらず、彼女のスピリチュアルな面ので成熟度が高かったので、予想以上に深いセッションができ、本人にとって実りの多いものとなりました。中間世セラピーは本人の準備が整ったときに受けるのが一番効果があると言われていますが、Sさんのケースはまさにそんな感じだったと思います。

素晴らしい体験をファシリテートさせていただき、Sさんそしてガイドたちに感謝です。

*中間世セラピーについてのご案内はこちらから*

6 impossible things ヒプノセラピーがご提供する

マイケル・ニュートン中間世セラピー Life Between Lives®

#前世療法 #中間世セラピー #ヒプノセラピー

60 views

    © 2020 by Hypnotic Life. All rights reserved.