質問する習慣


世の中が猛スピードで変わっていく時代。テクノロジーやサイエンスがどんどん進んで、私たちの生活はどんどん便利にそして同時に忙しく進化していきます。数十年前と比べると、生活が素晴らしく向上している反面、人々のコミュニケーション・表現方法はデジタル化し、複雑になってきています。膨大な情報量を便利に使いこなしているつもりでも、実はしっかりと意識を持っていないと、ただただ大量の情報に埋もれて、自分を見失ってしまうこともあります。

そして、現代は色々な生き方、様々な価値観が過去に例を見ないほど「あり」な状態で存在しているにもかかわらず、私たちは自分の親世代の価値観をなかなか手放すことができないまま、だったりもします。一昔前に比べると、自由な選択肢に溢れている世の中なのにも関わらず、なぜか型にはまった考え方を脱出できない・・・。苦しくてもそこにとどまることを選択してしまう。

今までとは違う生き方、本当の意味で自分らしい生き方を目指すことは、どうしてこんなに難しく思えるのでしょうか。膨大な情報が存在し、いろんな人のいろんな考え方・生き方を「知る」手段は無限にあります。でも、「知った」後、実際に自分が変化を起こしていくことには至らない場合がほとんどです。知識は右から左へと抜けてゆき、勇気を出すための一歩は、なかなかどうして踏み出せないものです。

人の思考は、自分で積極的に新しい行動を組み込まなければパターン化してしまい、同じことを繰り返し続ける傾向があります。自分で強く意識しなければ、思考はオートパイロット(自動運転)状態。毎日ちょっとずつは違っている日常ですが、オートパイロットでいる以上、全体的には同じ枠の中で繰り返し動きます。マニュアル操作に切り替えて人生のパターンを変えていくには、今この瞬間に、立ち止まって、そして自分に問いかけてみる必要があります。

「本当にこれでいいの?自分らしく生きれている?」

「周りの景色を見ている?夕日が綺麗なこと、気がついていた?」

「ご飯が美味しく食べれている?生きていることが嬉しい?ワクワクする楽しい予定が入っている?」

「大切な人は誰?いま自分がこうして生活していられること、誰に感謝したい?」

「未来のために、誰かのために、我慢しすぎていない?自分をちゃんと愛せている?大切にできている?」

急ぎ足で歩く私たちを立ち止まらせてくれるのは、自分に対するこんなシンプルな質問。そして、四角い生き方、型にハマった生き方になりがちな私たちには、定期的にこんな質問も問いかけてみることも助けになります。

「『こうあるべき』『こうしなくちゃいけない』は誰の声?誰がそう言ってる?誰の意見?誰の価値観?」

「『こうあるべき』『こうしなくちゃいけない』は自分にとってどんなメリットがある?」

「完璧な人を目指すよりも、自分の長所・優れているところを伸ばすべきじゃない?自分らしさを極めてみない?」

「新しいこと、面白いことにチャレンジしてる?最近自分のコンフォートゾーン(快適な場所)を出て、ドキドキしたのはいつ?」

などなど。

立ち止まって、質問して、違った方向に進んでいることに気づいたら、小さく軌道修正して。

地味な作業ですが、心が迷子にならないために、普段から自分自身に質問をして自分の意思を確認してみます。

自分に問いかけて、今いる自分の場所を確認しながら生活していると、自分がアクセスする情報が変わってきます。膨大な情報の中から、本当に自分にとって必要で意味があって、自分を行くべき場所へと導いてくれる情報のみを集めていくようになります。(または引き寄せるように向こうからやってくることもあります。)そして膨大な情報の中で迷子にならなくなります。親世代の価値観、または見えないプレッシャーで苦しくなるのをストップすることもできます。

完全オートパイロット状態をやめて、時々はマニュアル操作に切り替える生き方を始めると、何かが少しずつ変わってゆきます。大きく派手に変わるというよりは、最初は地味な変化で気がつかないかもしれません。でも半年、1年、2年と過ぎた頃には、以前の自分の「居た場所」が信じられないと感じられるくらいに、自分が進化していることが分かります。

一歩踏み出して、新しい考え方を実際に行動に取り入れて生活を始めると、みるみるうちに自分の周りの環境も変わってゆきます。周りみんながそれぞれのペースでいい方向に進化してゆく場合もありますし、または自分をとり囲む人間関係が入れ替わり、気がつけばまったく新しい環境に身を置いているかもしれません。

自分に働きかけるだけ。周りに期待することなく、自分が取り組めばいいだけ。。。

誰でも、人生の迷子になることは起こり得ること。特にこんな忙しいスピード社会では、誰にでも自分を見失ってしまうことは1度や2度は起きることです。

迷子は深刻になると、鬱状態を引き起こします。そしてそれは、自分がマニュアル操作に切り替えることを忘れてしまっているときに起こります。

鬱になってしまうかもしれない可能性は誰にとっても否定できない現代。心の病を予防するために、ぜひ、立ち止まって自分に質問することを試してみていただきたいです。

#マインドフルネス #心と対話 #セルフケア

96 views

    © 2020 by Hypnotic Life. All rights reserved.